6月

1/2ページ

【2020年6月30日株主優待情報】大幅だが上値は重い

  • 2020.06.30

米国の住宅指数の改善や中国の購買担当者景気指数(製造業PMI)改善から293円の大幅高となりました。 ただ、米国の6月の雇用統計発表を控えていることから引けにかけて伸び悩みもありました。 また、新型コロナウイルスに対しての警戒から根本的には盛り上がらないように見受けられます。   本日、株主優待の適時開示情報はありませんでした。   にほんブログ村  

【2020年6月29日株主優待情報】新型コロナウイルス懸念で大幅反落

  • 2020.06.29

米国が新型コロナウイルスの感染拡大による経済への影響が再度懸念され、前週末の米国株式が大幅下落した流れから日経平均株価も大幅に下落。 米国がクシャミをすれば日本もタダでは済まされません。 新興市場も3日連続で続落です。 ただ、相場全体が崩れるような大幅下落ではありません。   株主優待情報   ブックオフGH(9278) 決算期の変更に伴う株主優待制度の基準日変更   […]

【2020/6/26株主優待情報】3日ぶりの大幅高だが商いは少なめで安心はできない

  • 2020.06.26

日経平均株価は前日日252円高で3日ぶりに大幅高となった。 値上りは1614銘柄、値下がりは496銘柄、変わらずは58銘柄でした。 新興株市場は日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は共に続落です。 IPOでは、上場3日目のフィーチャはストップ高まで買われたと思いきや、引けにかけては一時ストップ安となり、完全にマネーゲーム化となっています。 本日は6月の株主優待の権利付き最終日でした。   […]

【2020/6/25株主優待情報】米国/欧州の株安から日経平均も続落。コロナ第2波を警戒

  • 2020.06.25

前日の米国株市場は2%超の下落。 ロックダウンなどの感染拡大抑制策が再び実施され、景気が一段と悪化することが懸念された。 新興株市場である、日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は共に反落。 日経平均株価の下落に伴い連れ安になった。 ただ、値動きのいいIPO銘柄は本日も人気でした。   株主優待情報   東邦銀行(8346) 株主優待制度の変更に関するお知らせ 優待品の申し込み […]

【2020/6/24株主優待情報】材料がなく、値下がり銘柄1,500超

  • 2020.06.24

本日の日経平均株価は前日日14円安で終わりました。 材料がなく、時間外の米株先物は横ばいのため方向感に乏しい一日となりました。 小反発にも関わらず値下がり銘柄が1,500超えとなってしまいました。 本日、マザーズ市場にIPO銘柄が約2カ月半ぶりに新規上場となったこともありIPO銘柄に人気が集中した。 ロコガイドはストップ高比例配分で、フィーチャ、コパ・コーポレーションは買い気配で終了した。 &nb […]

【2020/6/23株主優待情報】冷や汗はあったものの終値111円高

  • 2020.06.23

前日の米国株主要3指数が揃って上昇した流れで日経平均株価も上昇してスタートし一時200円超に拡大。 しかし、ナバロ米大統領補佐官が「中国との通商合意は終わった」と発言したと伝わり、200円高からマイナスに転換する場面がありました。 ただ、ナバロ米大統領補佐官自身が「通商合意は続いている」と訂正し、トランプ大統領も「通商合意は無傷」とツイートしたことによって急速に株価は回復。 しかし、コロナ感染の第 […]

【2020/6/22株主優待情報】海外コロナ感染拡大で大幅安と思いきや最終41円安

  • 2020.06.22

アメリカでコロナ感染拡大で先週金曜日のNYダウが3日続落した流れで本日の日経平均株価も朝方は一時166円安だったものの、北京でのコロナ感染が少なくなったことをキッカケに米株価指数先物で上昇し日経平均株価も上昇に転じる。 ただ、これといった材料がないため売りと買いの強弱が対立しているように見受けられます。 個人投資家が多い新興株市場はしっかりしており、新型コロナのワクチン関連が全体的に人気を集めてい […]

【2020/6/19株主優待情報】東京株式は材料難ながらも123円高であり、マザーズ指数は年初来高値更新

  • 2020.06.19

東京株式は材料難ながらも今日から国内での移動制限が全面解除となったことから経済回復への期待からか前日比123円となりました。 また、マザーズ指数が4日続伸で年初来高値を更新しました。 個人投資家の個別物色が元気です。   株主優待情報   サンリオ(8136) 株主優待券の有効期限延長 株主優待券の有効期限を現在2020年8月31日から2021年1月31日までに延長 キャリア( […]

【2020/6/18株主優待情報】新たな材料なく前日に続き続落だが新興株市場は堅調

  • 2020.06.18

朝方、円高と米株先物が軟化していることから一時300円安になったが、米中対立に対する警戒感の後退から米株先物が下げ、また円安に推移したことから日経平均株価は下げ幅を縮小しました。 個人投資家が主体の新興株市場は堅調で3日連続で続伸しています。   本日も株主優待の適時開示はありませんでした。  

【2020/6/17株主優待情報】前日の大幅高からの反動だが新興株はしっかり

  • 2020.06.17

前日の1,000円の大幅だけに本日は売り込まれた格好。 また、北朝鮮の共同連絡事務所の爆破からもリスク回避の売り圧力が強かったイメージです。 ただ、新興株市場では個人投資家による個別物色の動きが強くマザーズでは2%超高になりました。     本日、株主優待の適時開示はありませんでした。